Apple Lightning VGAアダプタを使ってiPhoneの動画を見る

 

iPhone5を使っていて、スカパーオンデマンドでJリーグの試合を見ています。
4インチの画面では、どうしても小さいですよね。

家にあるパソコンのモニターで見られないか調べたら、「Lightning – VGAアダプタ 」で見ることができます。

VGAアダプタの価格や使い勝手などまとめました。

<スポンサードリンク>

アップル ライトニング VGAアダプタ

iPhone5は画面サイズが4インチです。
映像は鮮明でキレイに見ることができますね。

ちょっとした動画ならいいのですが、サッカーなどのスポーツを見るなら大画面で見たいものです。

いろいろ調べてみると、アダプターを使えばテレビや液晶モニターにiPhoneの画面を映すことができるんですね。

Lightningコネクタが付いているiPhone・iPad・iPodならどれでも使えるアダプタです。

商品は2種類あります。
・Lightning – VGAアダプタ

・Lightning – Digital AVアダプタ

価格はどちらのモデルも、Appleの公式サイトでは5,800円(税別)です。

何が違うかというと、接続するものがVGAかHDMIかで選ぶことになります。

パソコンで使っている液晶モニターならVGAで接続するものが多いでしょう。
最近のモデルだと、VGAとHDMIの両方の端子が付いているモニターが増えているでしょうね。

もしテレビにつないで見るなら、HDMIで接続することになります。

どちらのモデルでも、接続ケーブルは別売りですので注意が必要ですね。

どちらを買うか悩みましたが、レビューや口コミを見てみるとVGAアダプタのほうが評価が高いようです。
液晶モニターを持たないならしょうがないですが、中古や新品で買ったら安くで見つける事ができますよ。

実際に購入して使ってみましたが、けっこういい感じです。

スカパーオンデマンドでJリーグの試合を見ているんですが、画質はiPhoneの画面を拡大して映しますから、荒い画質になってしまいます。
液晶モニターは、BenQの21.5型のもので見ています。

音声はiPhoneのスピーカーからでもいいですし、iPhoneのイヤホンジャックにモニターの音声ケーブルをつないでも使うことができます。

スカパーオンデマンドはアプリもありますが、ライトニング VGAアダプタを使うならブラウザのサファリからスカパーオンデマンドの公式サイトにログインしないといけません。

アプリから見ようとしても、映像を出力しない仕様みたいです。

2016年3月中旬に購入してから使っています。
現在2ヶ月半くらい経過していますが、問題なく使えています。

iPhone本体に充電しながら使うこともできますので、電源の心配もしなくて使えます。

<スポンサードリンク>


<おすすめ>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。