スペーシアカスタムがモデルチェンジ 新型をレビューしてみた

 

スズキから発売されているスペーシアカスタムがモデルチェンジしますね。
使い勝手が良さそうでいいですよね~

どんな感じで新型になったのか?
まとめてみました。

<スポンサードリンク>

スペーシアカスタムが発売

スズキの新型スペーシアカスタムは、2017年12月14日に発売開始です。
人気モデルのホンダN-BOXのライバルになる軽自動車ですね。

ハイト系と言われるジャンルの1台ですが、車内は広々しています。

スペーシアカスタムの特徴

スペーシアカスタムの特徴は何でしょうか?
まず第1は、ノーマルのスペーシアとは違うデザインです。
ごつめのフロントグリルは迫力があります。
あまり派手なのが嫌いな方は、スペーシアの方がいいかもしれません。

後席のドアはスライド式ですので、狭いところでの乗り降りも簡単でしょう。
ただしドアが空いたのが後方から分かりにくいので
お子さんなど1人で降りないように中が必要です。

<スポンサードリンク>

スペーシアカスタムのデメリット

スペーシアカスタムのデメリットはどんなことがあるのでしょう。

車を買うという事は、高価な買い物になります。
2017年に発売されとばかりですから、値引きは少ないでしょうね。
一番のライバルになるホンダN-BOXと比べていって
少しでも値引きを引き出したいものです。

もし値引きが厳しい時は、オプション品からの値引きや
納車時のガソリン満タンサービスなど要求したいですね。

最近の軽自動車では、エアバッグが標準装備になってきました。
特に車幅が狭い軽自動車ではカーテンエアバッグやサイドエアバッグが
装備されている方が安心できます。
残念なことにカーテンエアバッグがオプションでも装備できない
モデルがあります。
安全にこだわるなら、気になるところですね。

これはデメリットか分かりませんが、2トーンルーフの
デザインがどうなのかなと・・・
配色の感じが少し気になります。

スペーシアカスタムのメリット

スペーシアカスタムのメリットは何でしょう。

軽自動車では珍しいマイルドハイブリッドが搭載。
スズキ以外ではあまり聞きませんが、少しでも燃費向上する
システムですのでメリットのひとつでしょう。

最近の新車では標準装備されてきている自動ブレーキが
スペーシアカスタムでも全車に標準装備になっています。
最初から付いている方が安全ですからいいですよね。

スペーシアカスタムを選ぶ理由は、室内が広いからと
言う方が多いのではないでしょうか。
もともと広かった室内高が、さらに高くなっています。
プラス35mmされて1410mmになっています。

まとめ

スズキのスペーシアカスタムは、ライバルのホンダN-BOXを
研究して開発したのではないでしょうか?

N-BOXも2017年に新型へモデルチェンジしています。
新型もよく売れているようです。

スペーシアカスタムを選ぶなら、N-BOXもチェックして
買うほうがいいのではないでしょうか。

<スポンサードリンク>


<おすすめ>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。