無駄吠えのしつけを子犬にするには?どういう方法があるのか

 

子犬を買ったり、もらってきたらしつけが必要ですね。

特に無駄吠えは、まわりの方たちにも迷惑がかかりますから、しっかりと躾をしたいところです。
どういう方法があるのかまとめました。

<スポンサードリンク>

無駄吠え しつけ 子犬

子犬はなんで吠えるのでしょう。
これは犬のコミュニケーションとして吠えたり鳴いたりしているということでしょう。

犬種によっては、番犬であったり猟犬や牧羊犬など吠えるのも仕事の一つになっている犬もいます。
その犬を家庭で飼うのですから、しっかり躾をしないといけませんね。

子犬の無駄吠えをやめさせるためのしつけは、自分でやるか専門家に頼むかのどちらかです。

専門家だと、ドッグトレーナーやしつけ教室などに通う事になりますね。
これだと無駄吠え以外のしつけも一緒にできるでしょうから、安心できそうです。
頼む専門家によって、どういうトレーニングをするのか違うでしょうから、いろいろ調べないといけませんね。
お試しみたいなコースがあると、ワンちゃんに合う合わないが分かるでしょう。

また専門家が出しているDVDや本などもありますから、まずはそれでしつけをやってみるのもいいかもしれないですね。

自分でしつけるなら、いろいろ方法を調べて試してみるのがいいかもしれません。

<スポンサードリンク>

どんなことがあると吠えるのか?
ワンちゃんを観察して原因を探しましょう。

吠えた時に、飼い主がおこっても通じないこともあります。
吠えやんだらスグに褒めてあげましょう。

あとはしつけグッズも販売されていますね。
「無駄吠え防止首輪のしつけくん」という物もあります。
生後6ヶ月以上から使えますから、子犬から成犬までOKです。
首輪のサイズも、約19センチ~約50センチまで調整できますので、小型犬から大型犬まで使っていけます。

使い方も簡単で、首輪をつけてリモコンで操作するだけです。
リモコンは約300メートル通信できますから、ワンちゃんと離れても大丈夫ですね。


まとめ

子犬を飼う時は、いろいろ楽しそうだと思いますよね。
初めての方が実際に育てだすと、思いもしないようなことの連続だったりします。
無駄吠えもその一つかもしれません。
せっかく飼うんですから、じっくり向き合って付き合っていきませんか!

<スポンサードリンク>


<おすすめ>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。