カメラで運動会を撮る時の設定は?望遠レンズは必要?ズームは?

 

春や秋の運動会ではカメラの出番がきますね。

どんな設定で使うと失敗せずに撮れるんでしょう。
使うレンズもどんなものがいいか書いてみました。

<スポンサードリンク>

カメラ 運動会 設定

運動会で使うカメラはどんなものがいいでしょうね。

一眼レフ・ミラーレス一眼・コンパクトカメラ・スマートフォンなどあります。
ある程度良い写真を撮るなら、スマートフォン以外を使いましょう。
スマホは基本的に広い範囲しか撮れないレンズが付いています。
ちょっと離れた所にいるお子さんを撮っても、米粒みたいにしか写りませんからね。

一眼レフやミラーレス一眼、コンパクトカメラで撮る時に設定はどうすればいいでしょう。
ほとんどのカメラにスポーツモードという設定があります。
人が走っているマークが付いているところですね。
これだと動いている被写体をできるだけブレないように撮影することができます。

それ以外だと、シャッタースピード優先モードが付いているカメラもあります。
これはシャッタースピードを自分で決めることができます。
スポーツモードで撮るより、もうちょっと凝った写真を撮りたい時に使いましょう。
シャッター速度の効果が分かっていると、ピタット止まった写真だけでなく動きのある写真も撮ることができます。


<スポンサードリンク>

カメラ 運動会 望遠レンズ

運動会で撮影する時にカメラには、望遠レンズも用意しておきたいですね。

一眼レフを買うと、ダブルズームキットなどは、ある程度の望遠が撮れるズームレンズが付いてきます。

だいたいの画角が250ミリとか300ミリとかまでの望遠です。
APS-Cセンサー付きの初心者向けデジタル一眼レフカメラでは、375~450mm換算の望遠レンズの画角で撮影できます。

カメラかレンズには、手ブレ補正機能が付いていますから安心して撮ることができますね。

各メーカーにはズームレンズではない望遠レンズも売られていますが、買うなら価格が高いものになります。
キットのレンズより重量も重くなることが多いですから、覚悟が必要ですね。
ただし写りは良くなるのは間違いないでしょう。

カメラ 運動会 ズーム

カメラで運動会を撮るなら、ズームレンズが便利ですね。

遠く離れたお子さんを撮るなら、望遠ズームレンズが必要です。
初心者向けの一眼レフなら、望遠ズームレンズが入ったキットが売られています。

もし別売りで買うのなら、キットと同じ55-250mm程度の望遠ズームレンズが売られています。ほとんどのメーカーがラインナップしていますから、間違いないですね。
値段もそんなに高くないですから、買いやすいものだと思われます。

もっといいズームレンズがほしいなら、絞り値が明るいプロが使うようなものもあります。
価格も10万円以上はする物が多いです。
初心者が使うには、重くて大変かもしれません。

買う前にレンタルで借りて、試してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

運動会でカメラマンをするなら、何回かテスト撮影をしましょう。
ぶっつけ本番で失敗すると大変ですから。

設定を変えてみたり、レンズを変えてみたりして慣れておくのが一番ですよ。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。