結婚式の写真の撮り方やコツは?フラッシュ・レンズ選びは?

 

趣味で写真を撮っていたりすると、結婚する友人から写真撮影を頼まれたりしますね。

カメラの操作には慣れていても、結婚式に出席したことが無かったり披露宴に出ていても、挙式には出たことが無かったりしますね。

初めての結婚式の写真撮影での撮り方やフラッシュやレンズ選びについて書いておきます。

<スポンサードリンク>

結婚式 写真 撮り方

結婚式の撮影が初めての方は、ドキドキしてうまく撮れるか心配になりますね。
少しでもいい写真が残せるように、撮り方などまとめていきます。

趣味で写真を撮るのと結婚式や披露宴で写真を撮るのは、責任が違ってきます。
撮ると決まったらシッカリ準備をしてのぞみたいですね。

プロカメラマンが撮る時も事前の打ち合わせや準備はかかせません。
アマチュアが撮る時も新郎新婦との打ち合わせはやっておきたいですね。

なにもしないで撮影するのと、打ち合わせをして撮影するのは全然出来上がりが違ってきますので、できるだけ時間を作って話をしましょう。

結婚式の撮影が決まったら、まずは挙式披露宴の進行表をもらいましょう。
当日1日の流れが進行表で分かりますから、それでシミュレーションします。
聞いたことがない言葉も出てくるでしょうから、どういうことをやるのかの確認も必要です。

挙式の撮影もお願いされているなら、式の当日に結婚式をあげる会場の責任者に写真撮影について確認が必要です。

挙式会場がホテル内なのか?外部の教会や神社なのかでも違ってきます。
ホテル内の式場を使うなら、挙式披露宴を仕切る担当者がいます。
教会や神社なら、現地の責任者に聞きましょう。
撮影していい場所や、侵入できない所、式の最中は動いてはいけないなど、式場によっての決まりがあります。

こちらのサイトが詳しいですよ→結婚式写真 – 結婚式写真撮影ガイド


<スポンサードリンク>

結婚式 写真 撮り方 フラッシュ

結婚式の写真を撮影するなら、外付けのフラッシュを持っていくほうがいいですよ。

式場や披露宴会場は、照明が落としてあって暗いところもあります。
デジタルカメラのISO感度を上げて撮影も可能ですが、光が顔にあたってないこともありますから、フラッシュは欲しいですね。

結婚式の定番になる指輪の交換やウェディングケーキの入刀など決めのカットは、フラッシュを使ってきちんとした写真を残したいですね。
あとからポストカードに使う時もありますので。

使うストロボは発光部が上に動くタイプを選んでください。
天井バウンスという方法で撮影すると、きれいに撮れますよ。
カメラメーカーが発売しているフラッシュでは、だいたい3種類くらいはあります。
最上位かその次のモデルを選ぶと発光部も動かせますから使いやすいです。

電源には充電池を用意すると、充電が早いですから使いやすいです。
乾電池でしたら、アルカリタイプを使ってください。

結婚式 写真 撮り方 レンズ

結婚式の写真の撮り方でレンズは何がいいのでしょう。

基本は標準ズームレンズが1台あればなんとか撮れます。
デジタル一眼レフカメラのキットレンズに付いているズームレンズでも大丈夫です。
これにプラスして、外付けフラッシュを用意できるといいですね。

もう1本用意できるなら、超広角タイプのズームレンズがあると便利です。
画角が17-35mmとか16-35mmなどがあるといいですよ。

結婚式場や披露宴会場って、あまり後ろに下がれない所もありますから、望遠よりは広角系がある方が助かりますよ。

さらにあるなら50mm程度の単焦点レンズで、絞りが明るいものがあると雰囲気のいい写真が撮りやすいです。

まとめ

もしあなたがカメラを1台しか持っていないなら、予備のカメラを用意しましょう。

買わなくてもレンタルできるところもありますから、予備として同じメーカーのボディを揃えましょう。

カメラはいつ壊れるかわかりませんから、カメラ・レンズ・フラッシュは2台づつそろえておきたいですね。

もしレンタルするなら、少し早めに借りて練習してから本番にのぞみましょう。

ぜひいい写真を撮ってあげてくださいね。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。