チャイルドシートの年齢による義務は?タイプや向きはどうなってる

 

小さいお子さんと車になるなら、チャイルドシートは必要ですね。
慣れないと嫌がったりするでしょうけど、安全のため絶対使いましょう。

チャイルドシートには、いろんなタイプがあって取り付ける向きもあります。
どんなものがいいのか、まとめてみました。

<スポンサードリンク>

チャイルドシート 年齢 義務

チャイルドシートは年齢によって義務化されています。

平成12年4月1日から、6歳未満の幼児にはチャイルドシートが必要になります。
ただし子供の人数分のチャイルドシートが付けると全員が乗れない場合は、取付可能な座席にだけ取り付ければOKです。

車の座席の全てにチャイルドシートが取り付けられるわけではありません。

この義務に違反すると、反則点数が1点加算されます。
ただし反則金はありません。

反則金がかからないからといって、チャイルドシートを使わないのはダメですよ。
大事なお子さんの為ですから。

JAFのチャイルドシートガイドがありました。
>>>http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/childseat/index.htm


<スポンサードリンク>

チャイルドシート 年齢 タイプ

チャイルドシートには年齢に合わせて3タイプが作られています。

基本が下記の3種類になります。
・乳幼児用ベッド(生後約10か月まで)
・幼児用シート(生後約10か月から4歳)
・学童用シート(約4歳から10歳)

義務化されたのは5歳までですが、お子さんの身長が140センチみたない時はジュニアシートを使いましょう。
シートベルトだけでは、体にぴったりフィットしなくて危ない状態になるかもしれません。

赤ちゃんが生まれる前には、チャイルドシートを買っておきましょう。
産婦人科から赤ちゃんを連れ帰る時に、車を使うならすぐに必要ですからね。

チャイルドシート 年齢 向き

チャイルドシートには取り付けする向きが、前向きと後ろ向きがあります。
お子さんの年齢によって向きがありますね。

乳幼児用チャイルドシートは後ろ向きに取り付けます。
これは赤ちゃんにかかる衝撃を、広い面積で分散して受け止めるためです。

幼児用チャイルドシートは、前向きに取り付けます。

後ろ向きから前向きに変えるタイミングの目安は、赤ちゃんが一人座りできるかどうかです。
メーカーによっては、お子さんの体重が10kgを超えるまで、後ろ向きの取り付けがすすめられています。

まとめ

チャイルドシートに慣れるまでは、赤ちゃんも泣いたりするでしょう。
かわいそうとかで使わないのは、危ないですから絶対やめませんか。

少しずつ慣らしてあげてください。

自分が安全運転していても、ぶつかってこられたりして巻き込まれることもありますからね。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。