子供の運動会が使う望遠レンズは?キャノンやニコンはどれ?

 

子供の運動会ではパパ、ママともに撮影をがんばりますね。
初めて望遠レンズを使うと、意外と難しかったりしますよ。

運動会で子供の写真を残すのに良さそうな、望遠レンズを書いていきます。

<スポンサードリンク>

子供 運動会 望遠レンズ

子供の運動会では、離れた場所にいる時もいい写真を撮りたいですね。
望遠レンズを使うと色んな表情を残すことができますよ。

初心者でも使いやすくて買いやすい、望遠レンズをまとめていきます。

初めて望遠レンズを使う方は、三脚がいると思う方もいそうです。
昔は手ブレがしやすいという理由で三脚が使われていました。
最近はどのカメラやレンズにも、手ブレ補正機能が付いてきています。
ですので三脚は必要ないですよ。学校や幼稚園によっては、使えない所もありそうです。

もし一眼レフやミラーレス一眼をすでに買っていて、望遠ズームレンズが付いたものを持っていたら、その望遠レンズで大丈夫ですよ。

性能も普通に使うには問題無いですし、手ブレ補正機能も付いているでしょう。


<スポンサードリンク>

キャノン 望遠レンズ 運動会

キャノンの望遠レンズで運動会に向いているのはどれでしょう。

初心者が初めに買うことが多いのは、EOS Kiss系のデジタル一眼レフカメラです。
Kissを買うとすると、ズームレンズキットかダブルズームキットを選ぶことになります。

ダブルズームキットを買っていたら、そのキットに入っている望遠ズームレンズでいいですよ。
最新モデルでは、「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」が入っています。
このレンズがあれば、ほとんどの撮影をこなすことができますよ。

これ以上の望遠レンズを使うと、手ぶれ補正機能が付いていてブレはおさえることができます。しかし初心者では撮影で構図を決める時に、子供さんを見つけて画面にとらえ続けることが難しいです。

もう少し望遠にしたいたなら、「EF70-300mm F4-5.6 IS USM」があります。
これ以上は運動会では必要ないかもしれません。

Canonではプロも愛用している、白いボディの望遠レンズがあります。
性能は間違いなくいいのですが、価格も今まで紹介したレンズに比べて高くなります。
重量も重くなりますから、初心者では使いこなしが難しいでしょう。

もし使ってみたいなら、レンタルで借りることができます。
自分で使えるのか、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

ニコン 望遠レンズ 運動会

ニコンの望遠レンズで運動会に使うのは、どれがいいでしょう。

Nikonの初心者向けデジタル一眼レフカメラはD3000・D5000シリーズです。
こちらにもレンズキットとダブルズームキットがあります。

D3300のキットで入っているのは「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」です。

これより望遠で撮りたいなら「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」があります。
このレンズが入ったキットは、D5500のダブルズームキットです。

D5500は液晶モニターが自由な角度に動かせますから、運動会でも使いやすいです。
前に人がいてもカメラを高く構えて撮影することが可能ですよ。

まとめ

キャノンやニコン以外のカメラでも、望遠レンズが入ったキットが売られています。

初心者が選ぶなら自分が気に入ったデザインや色で選ぶか、持ってみた感じで選ぶといいですよ。
基本性能はそこまで変わりないですから。

望遠レンズを手に入れたら、運動会前に撮影の練習をしてくださいね。
ぶっつけ本番は失敗のもとですよ。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。