ETCカード 法人用はクレジット機能なしがある?割引や複数は?

 

法人でETCカードを作るなら、クレジット機能が無いほうが安全ですね。
個人事業主でも作れるETCカードもあるようですよ。

中小企業でもOKなETCカードを紹介します。

<スポンサードリンク>

ETCカード 法人用のクレジット機能なしは

ETCカードで法人が使えるカードは、クレジット機能なしがいいですよね。
使った分だけ後払いですみますから、管理も簡単です。

現金の管理もしなくていいETCカードは、経理担当者も楽になりそうです。

「高速情報協同組合」が発行するETCカードは

料金の支払い
・月末締め翌月20日頃に請求書発行
・翌々月5日に口座振替

このETCカードは高速道路のみでしか使えませんから、無駄に使われることもありません。

使用可能な車両が限定されていません。
・社有車
・レンタカー
・社員の車
などのどれでもETCさえ付いていれば、使うことができます。

必要経費は以下になります。
・出資金 10,000円/1社(脱退時返金)
・カード発行手数料 540円(税込)/1枚
・取扱手数料 540円(税込)/1枚(年1回)
・手数料 毎月の走行金額の5%



ETCカード 法人用で割引はある

法人用ETCカードで割引はあるでしょうか。

「高速情報協同組合」が発行するカードは、30%の割引があります。
・休日割引
・深夜割引

ただしマイレージの登録はできない仕様になっています。

ETCカード 法人用は複数発行できる

法人用ETCカードは複数枚作れるほうが便利ですね。

「高速情報協同組合」のETCカードでは、必要枚数の発行が可能です。
所有する車の台数分とか、社員の人数分などで作ることができます。

1枚を使い回すのは効率が悪いですから、複数枚ある方が何かと便利ですね。

ただしカード発行手数料や取扱手数料などがかかりますので、注意してくださいね。

まとめ

こちらのカードは「高速情報協同組合」が発行するETCカードです。

>>>法人向けのETC専用カード<<<

新会社を立ち上げたばかりでも、作ることができます。
高速料金を後払いでまとめて払えますから、経費の管理もしやすくなります。

割引も受けられますから、使い勝手もいいですね。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。