老眼でのコンタクトの選び方は?老眼鏡と併用?運転はどうする

 

自分の年令が40代をすぎると、なんとなく近くが見難くなります。
近眼でコンタクトなら、より近くが見難くなるかもしれません。

コンタクト使用で老眼になると選び方に悩みます。
老眼鏡や運転などまとめてみました。

<スポンサードリンク>

老眼でのコンタクトの選び方は

近眼で長年コンタクトを使っていると、だんだん年齢とともに近くが見づらくなりますね。

コンタクトの選び方も考えないと、せっかくのコンタクトレンズがもったいないことになります。
よく見えるように選んでいきたいですね。

老眼もまだ軽いうちなら、近眼用のコンタクトでも大丈夫でしょう。
少し度数を落としてみると遠くが少し見づらくなりますが、手元は見やすくなります。

それ以外だと遠近両用のコンタクトレンズも販売されています。
メーカーによってレンズの作りが違うようですので、合う合わないがあります。
お試しができるレンズもあるかもしれませんから、眼科やコンタクトのお店で相談してみるといいでしょう。

手元も遠くも見やすくするなら、左右のコンタクトの矯正視力を変える方法もあります。
例えば右目が遠くがよく見える度数にして、左目が近くを見やすく調整します。
ただ慣れない方もいるでしょうから、誰でも大丈夫とはならないようです。

遠近両用のコンタクトレンズは、普通のコンタクトレンズに比べて価格も高くなっています。
メニコンがやっているメルスプランを使うのもいいかもしれません。
料金を月払いで支払ってレンズの交換もできます。
レンズも近眼用・遠近両用・ハード・ソフト・ワンデー・2ウィークなど色んな種類がそろっていますから、自分の目にあったコンタクトが選べるでしょう。


<スポンサードリンク>

コンタクトと老眼鏡の併用は

コンタクトと老眼鏡は併用したほうがいいのでしょうか。

老眼の度数でも違うかもしれませんが、併用するほうが便利でしょう。

近眼のかたでコンタクトレンズをするなら、ある程度遠くが見やすい状態に調整して、その状態で手元が見やすい老眼鏡を作るといいですね。

年とともに老眼は進むらしいですから、老眼鏡は見にくくなったら新しく作り直すことが必要です。

老眼でコンタクトしての運転は

老眼の方がコンタクトをして運転するのはどうなんでしょう。

近眼でコンタクトレンズをしているなら、老眼でも遠くはよく見えるように調整できます。
手元を見る時は老眼鏡をかけるといいでしょう。

コンタクトをした状態で老眼鏡を作りにいくといいのではないでしょうか。

これ以外ではコンタクトを弱めに作って、手元も見やすくして運転すると時は近眼用の眼鏡をかける方法もあります。
コンタクトをした状態で運転しやすい眼鏡を作りいくといいですよ。

まとめ

コンタクトを使っていて老眼になると、いろいろ面倒くさくなってきますね。

どうしてもコンタクトにこだわらないなら、眼鏡をメインにしたほうが便利かもしれません。
遠近両用メガネや中近用の眼鏡など、用途によっていくつか使い分けがいるかもしれません。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。