長崎のイルミネーションならハウステンボスへ 宿泊や撮影は?

 

長崎は夜景がきれいなところです。
その中でもハウステンボスは、イルミネーションがきれいですよ。

イルミネーションを見るなら、ゆっくり宿泊して写真を撮影して記念に残したいですね。

<スポンサードリンク>

長崎のイルミネーションならハウステンボスへ

イルミネーションを見に行くなら、長崎のハウステンボスがいいですよ。
2015年はライトの数も1,300万球にパワーアップしています。

タイトルは「花と光の王国」

開催期間は、2015年10月31日~2016年4月18日までです。
ほぼ半年間やっていますから、ゆっくり慌てずに行けますね。

2015年も新スポットが登場しています。
・光の滝 
日本一の高さ66メートルの迫力です。

・光のバンジージャンプ 
日没前 / 初回のみパスポート対象 2回目以降500円
日没後 / パスポート提示で400円、一般800円

・光の王国大パレード
18時30分スタート(日没時間により変動します)
新キャラクターや光の恐竜も登場します。

営業時間は、9時~22時
点灯時間は、基本日没~営業終了まで。
11月上旬の長崎での日没時間は、17時30分~17時23分です。
一番早い日没は12月上旬の17時14分になります。

入場料金は基本の1DAYパスポートで
・大人 6,400円 (18歳以上)
・中人 5,400円(中学生・高校生)
・小人 4,000円(4歳~小学生)
・シニア 5,900円(65歳以上)

17時以降のハウステンボス入場+対象施設利用+パレスハウステンボス入館がセットで
・大人 4,300円
・中人 3,900円
・小人 3,000円


<スポンサードリンク>

ハウステンボスのイルミネーションで宿泊するには

ハウステンボスにイルミネーションを見に行くなら、宿泊して最後まで楽しみたいですね。

ハウステンボス内のホテルに泊まると、まだ観光客がいない朝にパーク内を散策することができますよ。

直営ホテルは以下の4つです。
・ホテル ヨーロッパ
・ホテル アムステルダム
・フォレストヴィラ
・変なホテル

ハウステンボスの場内と周辺にもあります。
・ウォーターマークホテル長崎
・ホテルオークラJRハウステンボス
・ホテル日航ハウステンボス
・ホテルローレライ

もし予約が取れない時は、佐世保市内にもビジネスホテルなどもあります。
佐世保駅周辺ならJRを使って移動することも簡単です。

ハウステンボスでイルミネーションを撮影する

ハウステンボスでイルミネーションを撮影するなら、どんなカメラがいいのでしょう。

夜景を撮る事になりますから、できればデジタル一眼レフカメラがベストでしょう。
ただしコンパクトデジタルカメラでも、最近の機種は夜景が撮りやすくなっています。
手持ちで撮ることもできますから、三脚を立てて迷惑をかけることもありません。

撮影に関しては、基本的には三脚や自撮り棒は禁止にはなっていません。
まわりの人達に配慮して使用してくださいとなっていますが、状況によっては撮影を断ることもあるようです。

こちらにルールとマナーがあります。
>>>http://www.huistenbosch.co.jp/guide/service/manner.html

撮影スポットはたくさんありますから、時間がたくさん必要かもしれないですね。

メインスポットはアートガーデンですので、まずはそこから撮影しだすといいのではないでしょうか。

まとめ

ハウステンボスのイルミネーションは、どんどんバージョンアップしています。

ゆっくり見て回るなら、1日でも大変かもしれません。
場内はかなり広いですから、歩きやすい靴で行くといいですよ。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。