長崎ランタンフェスティバルでの食事や屋台では何を食べる?

 

長崎ランタンフェスティバルでは、ランタンや夜景がキレイですね。
せっかく長崎に行くのなら、食事も楽しみたいものです。

おすすめの食事や会場での屋台についてまとめてみました。

<スポンサードリンク>

長崎ランタンフェスティバル 食事

長崎ランタンフェスティバルに行くなら、長崎グルメも食べたいですね。

定番のちゃんぽん・皿うどんもいいですが、それ以外でも美味しいものがたくさんあります。

長崎ランタンフェスティバルのメイン会場になる新地中華街会場は、名前にあるように中華街のすぐ横にあります。
入り口には赤い門がありますので、すぐに目について分かりやすくなっています。

中華街もたくさんのお店があります。
名物の長崎ちゃんぽんもいろんなお店で出していますが、お店ごとに微妙に味や具が違ってきますので、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。

普通の中華もおいしいですが、長崎名物の角煮まんもおいしいですよ。
トロトロの豚の角煮がとにかくうまいです。

長崎での食事では、B級グルメもいいですよ。

まず有名なのは、トルコライスですね。
最近はテレビでもよく紹介されています。
一つの皿に、ピラフ・ナポリタン・とんかつがのっています。
お店によって、のっているものがアレンジされていて、オリジナルトルコライスも増えていますよ。
長崎市内の飲食店では、けっこうなお店が出していてファミリーレストランでもメニューにあったりします。

こちらのサイトが詳しいですよ。
>>>トルコライス マニアックス


<スポンサードリンク>

長崎ランタンフェスティバル 屋台

長崎ランタンフェスティバルの会場には、いろんな屋台が出店しています。
特に屋台が多いのは、新地中華街会場と中央公園会場です。

寒い季節にあるイベントですので、温かいものを食べたいですね。

ある程度よく出店している屋台を下記に書いておきます。
出ていないところもあるかもしれませんが、目に付いたものを食べてみてくださいね。
・ハトシ
・小籠包
・鯨カツ
・水餃子
・揚げかまぼこ
・つみれ汁
・角煮まんじゅう
・焼き牡蠣
・豚まん

長崎は魚介類の種類が多い土地柄ですので、味わってみてください。

まとめ

長崎ランタンフェスティバルは、ランタンの数も毎年増えていっています。
街の中にはランタンがたくさん飾ってあります。

街なかを食べ歩きながら、散策するのもいいかもしれません。

<スポンサードリンク>


<おすすめ>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。