子犬のしつけでトイレトレーニングは?鳴く時や甘噛みの対応

 

f26c29946e1829e805ee2d7835b06ad4_s
子犬を飼う時には、しつけに悩んでしまうことも多いですね。
トイレトレーニング・甘噛み・鳴くなど大変なことがあります。

いくつか、しつけの方法を調べてみました。

<スポンサードリンク>

子犬のしつけでトイレトレーニングは?

子犬のしつけの中でも、トイレトレーニングは大事ですよね。

トイレがうまくできないと、いろんな所にしてしまって片付けや
臭いなど気になってしまいます。
ただまだまだ子犬は赤ちゃんですから、根気よく教えるしかないですね。

子犬ですから室内で飼っている方が多いと思います。

ケージやサークルだと、寝床とトイレが同じ場所になっている
ことがほとんどでしょう。
ケージから出すと、トイレをしてしまう子犬もいるようです。

それでもトイレがうまくできる子もいるようです。

できるなら寝床とトイレは別にして、離れた場所に設置しましょう。

犬の習性として、自分のテリトリーには臭いが残らないように
離れた場所で排泄するようです。

例えば、朝食をあげたあとトイレに誘導し、トイレコマンドと
ハンドサインで教える。
それだけで1週間もせずに覚えることもあるようです。

今書いたのはトイレトレーニングのひとつ方法ですが
教える人によっては、同じケージの中で教える方法を
とっている方もいますね。

どんなやり方でも、できるだけ集中して教えることで
しつけられるようですよ。

こちらのやり方は場所もケージ1つ分でできるので
まず試してもよさそうです。
トイレのしつけ「基本のき」~子犬期から始めるトイレトレーニング~ |アイリスペットどっとコム

子犬のしつけで鳴く時は?

子犬のしつけで周りの家などに迷惑が掛かりそうなのが
鳴くことですよね。

<スポンサードリンク>

犬ですからどうしても鳴くこともありますが、しつけによって
不必要な鳴き声を出さにようにできますよ。

例えば夜鳴きをしたり飼い主が見えなくなると鳴いたりします。

そういう時は、ワンちゃんが収まる程度のキャリーケースに入れて
暗くなる環境にするという方法もあります。
これは精神的に落ち着ける場所を作るということです。

あとやらない方がいい事としては、叱らない・過剰に反応しないことです。

叱るということは、子犬が飼い主を嫌いになる原因にもなりかねません。
あと飼い主が過剰に反応すると、鳴くとかまってもらえると思って
逆に鳴くことが増えてしまうことになりかねません。

子犬のしつけで甘噛みする時は?

子犬のうちは飼い主の手などを甘噛みしてくることがあります。

子犬の甘噛みならそんなに痛くはないです。ただそのまま
噛み癖を付けてしまうと、大人になってからが大変です。

そのまま育つと、まわりの人の手を噛んだり、他の動物を噛んだり
することもあるかもしれません。
31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

しつけの方法としては、いくつかあるようです。

まずは甘噛みされたら、「痛い」と声に出してやめさせる。
やめられたらしっかり褒めてあげる。

これを繰り返すことです。

それ以外では、甘噛みしたら無視して子犬を置いて部屋を出る。

上記の方法以外にもあるようですが、噛まない時は
しっかり遊んであげて、噛んだら無視するなど、飼っている
家族みんなが同じ対応をしないと、しつけになりません。

まとめ

子犬を迎える時は、楽しいことばかり想像しますが
実際飼ってみると思ったようにはいきませんね。

しつけの方法もいろんなやり方があって迷いますが
子犬の性格によっても向き不向きがあるでしょう。

焦らず子犬と向き合って、少しづつしつけていきましょう。

<スポンサードリンク>


<おすすめ>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。